「蝶の傍らに」へようこそ

  デジタルカメラで撮影した蝶の写真を地域別に紹介

  また、最近の記事として随時追加

     モンゴルで撮影したParnnasius nomion 2017.07.06

撮影場所のご質問には、お答えできません

掲載している写真の著作権は、作成者のものです

写真をクリックすると大きくなるようにしました

大きくならないものは、そのまま鑑賞してください

最近の情報を以下のとおり更新(2019.09.04)

  

鹿児島へタイワンツバメシジミの撮影に出かけました(2019.08.30-09.02)

オオゴマシジミとゴマシジミ(2019.08.05・10)

バヤンチャンドマンのシジミチョウたち(2019.07.06)

白馬村のアサマシジミ(2019.08.02)

ノミオンの乱舞(2019.07.08-12)

青色→橙色→緑色→瑠璃色のチョウたち(2019.06.26)

湿原のヒメヒカゲ(2019.06.12)

京都の青くないキマダラルリツバメ(2019.06.01)

南信のベニモンカラスシジミ(2016.05.26・30)

南アルプスのクモマツマキチョウ(2019.05.23)

北海道のその他のチョウ(2019.05.03~06)

北海道のヒメギフチョウ(愛別町、名寄市)

GWに突入し、白馬へ行くも寒さが厳しく(2019.04.28)

撮影に出かけたものの天気は今一(2019.04.21)

撮影には行ってるんですけど(2019.04.07-13)

続けて、北陸のギフチョウ(2019.03.27)

富山のギフチョウリベンジなるか(2019.03.25)

久しぶりの更新ですねえ(2019.03.20撮影)

ウランバートル北部(ダバト峠)での撮影(2018.06.15)

奥テレルジでの撮影(2018.06.14)

テレルジのキャンプ場(2018.06.12-14)タテハ、ジャノメ

テレルジのキャンプ場周辺(2018.06.12-14)タテハ、ジャノメを除く

テレルジ(山寺)での撮影(2018.06.12)

セレンゲ県(モンゴル)のチョウたちⅡ(2018.06.09・10)

バヤンチャンドマンのチョウたちⅡ(2018.06.09・11)

ランバートル市街地から近い場所での撮影(2018.06.16)